印刷

卒業生の大学合格体験記

卒業生の大学合格体験記

体験記のキーワード>

●「毎日の勉強」 「授業を大切に」   「コツコツと」   「小テストや課題は丁寧に」
●「講習会で弱点克服」  「英語多読講習の活用」  「繰り返し」  「自習室活用」  「文武両道」
●「早目の取組(2年生から)」 「メリハリ」
●「励まし合い」 「高い目標」 「覚悟」 「折れない動機」 「将来に生かす気持ち」 「諦めない」



【平成30年3月 卒業生】

  「自分の強みを活かして」   
     東京学芸大学教育学部入学  櫻場 要一 
  
 小学校の頃から数字が好きだった。希望の道に進むことができた今、多くの子どもたちに算数や数学の面白さを伝えたいと思う。向丘高校での学校生活はとても充実した日々だった。
 国立大学へ行きたいという希望と部活動もしっかりやりたいという希望の両立を目標に頑張ってきた。
 軽音楽部の部長として音楽活動も思い切り楽しみ、向丘高校の落ち着いた学習環境は、自学自習の支えとなり自分自身を成長させてくれたように思う。自分の強みを活かして、これからも大いに学び、楽しんでいきたい。


【平成29年3月 卒業生】

  「新しい自分との出会い」   
     早稲田大学文化構想学部入学  
          大澤 茉歩 (板橋区立赤塚第一中学校出身)
  
 ひたすらに前だけを見て走り続けてきた三年間は、振り返ってみれば三年前には想像もつかなかった経験と成果の宝箱になりました。大学受験を通して自分のやりたいことや興味のあることを一から考え、打ち立てた目標に向かって努力し、何度も壁にぶつかる過程で、今まで知らなかった新しい自分と出会えた気がします。
 高校生活での多くの体験から様々なことを学んで自分のものに出来るかは、自分の気持ちと姿勢次第です。自分の気持ち一つで三年間はどのようにも変わります。
 今だけの特権を使って未来を彩る楽しさを是非味わってみてください。


 

【平成28年3月 卒業生】

  「英語の多読習慣が合格力を築いた」   
     明治大学経営学部入学
          高橋 大夢 (足立区立伊興中学校出身)
  
 こんなに勉強したのは初めてというくらい受験に立ち向かった日々は、私のこれまでの人生で自信につながっていくに違いないと確信している。
 毎朝「多読」に参加したことで、自分の英語力に基礎がつき、友達と励まし合いながら自分の勉強法を確立していった。
 向丘高校での学習環境や友人の存在は、自分を支え、励みとなった。
 いま私は大学でこれまでの受験体験を基礎に自分の世界を拡げている。

〒113-0023 東京都文京区向丘1-11-18
電話 : 03-3811-2022 ファクシミリ : 03-3812-4055
アクセス